疲労対策におすすめなもの

夜勤で働く看護師も多く、不規則な生活をしている人も少なくありません。
そのため疲労が溜まりやすく、体力の回復も難しいといった状況にあります。
看護師という職業は、肉体的にも精神的にもハードな仕事内容です。
そのため健康面においても十分な対処が必要となってきます。
健康を維持するためにも、オフの日には出来るだけ仕事の事は考えずにストレスを上手く発散させるようにしましょう。
看護師はストレスを抱え込みやすいため、上手く発散出来る方法を自分なりに考えておくよう事が重要なポイントとなります。
例えば休日にはカラオケに行って発散をしたり、自分が好きな事に没頭したりして仕事の事は忘れるようにする事が大切です。
また、疲労の症状を少しでも改善するためには、睡眠がとても重要なポイントとなります。
しかし夜勤明けの看護師の悩みで多いのが、眠れないといった事です。
なかなか眠れないのは、実はメラトニンの分泌が減少しているためでもあります。
このメラトニンは、日光を浴びる事によって分泌するのを低下させてしまう作用があるのです。
つまり、夜勤明けで帰宅する際には、出来るだけ光を浴びないように心掛ける必要があります。
例えばサングラスをしたり帽子を被ったりするのが対策方法となります。
疲労を回復するためには、睡眠が最も重要になってきますのでしっかりと対策を取るようにしましょう。
特に夜勤明けの体は神経が張りつめている状態になっていますので、休日にはゆっくりと神経を開放してあげるようにしてください。
また、夜勤で溜まった日々の疲労を回復させるためには、仕事の合間の休憩時間に仮眠するようにすると体力が回復するのでおすすめですよ。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です