睡眠障害の多い看護師と疲労の関係

看護師になって働き始めるとなかなか寝付けなくなったり、夜中に何度も目が覚めたりするようになる人もいます。
昔は朝には強かったのに、どうしても起きられないという日が続いてしまうという看護師もいるでしょう。
病院や老人ホームなどの夜勤がある職場で働いている看護師の多くは、夜勤によって不規則な仕事をしなければなりません。
それが原因で睡眠のリズムが狂ってしまっているのが原因だと考えられるでしょう。
職業柄仕方ないことだと諦めてしまう場合もありますが、睡眠障害が生じてしまっている理由に疲労も考慮する必要があります。
疲労が蓄積した結果として生じる症状として睡眠障害が生じる場合も多いからです。
看護師の場合には疲労と夜勤の両方によって症状が出やすくなってしまっているので注意しましょう。
睡眠が十分に取れていないと疲労を回復できずに状況は悪化していってしまいがちです。
悪循環を断ち切るためには夜勤をなくして規則的に働けるようにするか、睡眠を十分に取れるようにするかのどちらかは最低限行わなければならないでしょう。
両者を同時に行えば最も症状の改善には効果が期待できます。
どちらを選ぶにしても今まで通りに仕事を行うのは難しいという理解が必要です。
他の症状にも悩まされるようにならないために、睡眠障害には速やかに手を打つように心がけましょう。
働き方を少し変えてリズムを整えるだけでも症状が軽減されていく可能性は十分にあります。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です