看護師の疲労について

看護師は夜勤や急患などの対応により、なかなか休憩時間を取るのが難しい状況にあります。
そのため過度の疲労が溜まったりして、体に様々な症状が出てきている人も多いのではないでしょうか。
しかし体に症状が出る原因は肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も大きく関係してきているのです。
実際にうつの初期段階では、慢性疲労と言う症状が出る事もあります。
つまり看護師は休日をどう上手く過ごすかが、とても重要なポイントとなるのです。
まず休日の過ごし方で心得ておきたいのは、体をしっかりと休める事です。
体を休めるために、自分の好きな読書やDVD観賞を楽しむのも一つの方法となります。
特に家庭がある方の場合、休日にまとめて家事をする方が多いようですが、それだけで休日が終わってしまっては体を休ませた事にはなりません。
仕事を長い間続けて行くためには、家事を最小限にする必要もあります。
何もかもを完璧にする事はとても難しく、体の健康状態を保つ事が出来ません。
例えば夕食はスーパーでお惣菜を買ったり、洗濯物は毎日ではなく2日に1回にしたりして少しでも手間を省くようにしましょう。
仕事をしていると疲労は溜まるものですが、過度に疲労が溜まりすぎてしまうと外出をする事が出来なくなってしまいます。
万が一このような状態になった場合、職場の環境が合ってない可能性もありますので、転職をしたり働き方を変えたりと環境を変える方法を考えた方がいいかもしれませんね。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です